高血圧でお悩みの方へ | 原因と知識について

高血圧について

スポンサードリンク

高血圧,悩み,原因,知識,高血圧ついて,低血圧

 現在、日本の約4000万人の人が高血圧だと言われており、高血圧は国民病であるとされています。

 

 高血圧は心臓の収縮によって体内に血液を循環させる際に、心臓が血液を押し出し血管に一番強い圧力がかかる時の収縮期血圧(最高血圧)と収縮後に心臓が拡張し圧力が一番弱くなる時の拡張期血圧(最低血圧)の数値によって判断します。

 

 収縮期血圧(最高血圧)が140mmHg以上または拡張期血圧(最低血圧)が90mmHg以上の状態が続いていると,高血圧症と診断されます。

 

 高血圧は自覚症状が無いというのが大きな欠点です。何もせずに放っておくと糖尿病などの合併症を引き起こしやすくなり、さらに高血圧状態が長く続くと、心臓や血管、腎臓に負担がかかるため、脳血管障害や心臓疾患、腎臓疾患、血管疾患の4つの慢性的疾患を引き起こします。

 

 脳血管障害では脳卒中(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血)、心臓疾患では虚血性心疾患や心肥大、心不全、腎臓疾患では腎障害(腎不全)、血管疾患では動脈瘤(解離性大動脈瘤)や閉塞性動脈硬化症、眼障害(高血圧性網膜症、網膜動脈・網膜静脈の閉塞症、視神経症)があります。

 

 この他にも急性症状として高血圧緊急症(高血圧脳症)や食後低血圧、代謝内分泌疾患として高尿酸血症があります。

 

 これらの合併症は収縮期血圧(最高血圧)と拡張期血圧(最低血圧)の数値が高ければ高いほど引き起こしやすくなります。

 

症状が進行してしまうと最悪の場合、高血圧が原因で死に至ることもあります。それを避けるためにも、定期的に検査をし、自分の血圧の状態を知っておくことが大切です。

 

 高血圧の人の約6割が男性、約4割が女性と言われています。

 

年齢の割合で言うと、30歳以上の人で40〜50%、70歳以上の人では男性が約71.4%、女性が73.1%の人が高血圧となっています。

 

 年を重ねるごとに高血圧になるリスクは高まりますが、若いうちから生活習慣を見直すことで高血圧を予防し、健康的な人生を送ることができます。

 

高血圧の原因や症状を知る事で改善出来る事も有ると思います

 

 ご参考になればと思います

スポンサードリンク

サイトマップ

管理者のリンク総合サイト

高血圧,悩み,原因,知識,高血圧ついて,低血圧


スポンサードリンク

 
 

 
高血圧に効果ある漢方紹介 高血圧の基準 市販の薬について 暮らしの悩み総合サイト