高血圧の原因について

高血圧の原因と症状について

スポンサードリンク

 高血圧には、原因がわかっていない本態性高血圧と原因がわかっている二次性高血圧の2つに分けられています。原因がわかっている二次性高血圧は、腎臓病やクッシング症候群、大動脈縮窄症、大動脈炎症候群、副腎皮質腺腫、褐色細胞腫などの病気が原因とされています。

 

 一方、原因がわかっていない本態性高血圧ははっきりとした原因がわかっていないのですが、様々な要素が高血圧を引き起こしているのではないかと考えられています。

 

 血圧を上げる原因は、遺伝的・体質的要素が3割、環境要因が7割だと言われています。

 

 遺伝的・体質的要素とは、親から子供に受け継がれる体質のことで、父親も母親も高血圧症の場合で約6割、どちらかが高血圧症の場合だと約3割、どちらも高血圧症ではない場合約1割という確率で子供が高血圧症になるそうです。

 

 環境要因には、塩分の摂り過ぎや運動不足、ストレス、肥満、メタボリック症候群、睡眠不足、偏った食生活、喫煙、気温があり、闘争的で几帳面、神経質な性格の人は高血圧になりやすいと言われています。

 

 また高血圧の症状についてですが、高血圧そのものには自覚症状がありません。高血圧の人には、頭痛や肩こり、動悸、耳鳴り、息切れなどの症状で悩んでいる人が多く見られますが、これらは高血圧によって引き起こされた合併症の症状である可能性が高いです。

 

 睡眠不足やストレスが原因の高血圧の場合だと、睡眠不足とストレスによって頭痛や肩こりなどの症状が出てしまっているのかもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

高血圧の原因について記事一覧

高血圧の基本的な原因について

 気になるのがなぜ高血圧になるのかという事です。しかしながら、高血圧の90%以上が原因不明と言われています。 最近では、遺伝子の体質と生活習慣病との関係が原因ではと解明されているそうです。 高血圧は原因により、一次性高血圧と二次性高血圧に分類されています。 一次性高血圧は、特に異常がない場合血圧が高...

≫続きを読む

 

高血圧と塩分の関係 | 高血圧の原因

 『塩分を摂り過ぎると高血圧になる』『高血圧の治療では塩分の摂取を控える』と言われていますが、塩分と高血圧は一体どのような関係があるのでしょうか。 塩分は人間の身体にとって必要不可欠の栄養素ですが、摂り過ぎると身体に異常が起きます。 まず塩分(ナトリウム)には水をくっつける作用があります。塩分を過剰...

≫続きを読む

 

高血圧とアルコールの関係 | 高血圧の原因

 アルコールが必ずしも高血圧を引き起こす原因になるとは限りません。逆に少量のアルコールは身体に良いとされており、最も長生きすると言われています。 アルコールも塩分と同様、摂取量に気を付ける必要があります。禁酒するのではなく、お酒と上手に付き合うことが大切なのです。 アルコールを長期にわたって頻繁に摂...

≫続きを読む

 

高血圧と喫煙の関係 | 高血圧の原因

 最近ではたばこの値上がりに伴い、喫煙者が以前に比べ減りました。喫煙は『百害あって一利なし』と言われているように、身体にとって良いことは一つもなく、たばこは身体に害しか与えません。 たばこに含まれているニコチンは、腎臓を刺激し、血管を収縮させるアドレナリンやノルアドレナリンを分泌させます。そうすると...

≫続きを読む

 

高血圧と肥満の関係 | 高血圧の原因

 肥満は高血圧の原因として知られていますが、肥満はなぜ高血圧を引き起こしてしまうのでしょうか。 肥満にはタイプが2つあります。女性に多い、皮膚の下に脂肪が付く『皮下脂肪型肥満』と男性に多い、内臓に脂肪が溜まる『内臓脂肪型肥満』です。高血圧と関係があるのは『内臓脂肪型肥満』の方で、隠れ肥満の人やお腹が...

≫続きを読む

 

ストレスと高血圧の関係

 心筋梗塞や脳梗塞など、生活に支障をきたすような後遺症を残す恐ろしい病気の引き金になるリスクをはらんでいる高血圧です。 高血圧の原因もいろいろあり、一番に思いつくのが動脈硬化など、身体そのものに関係する理由です。これは、コレステロール摂取などを控える食生活の改善などによって防ぐことができます。 しか...

≫続きを読む

 

副腎が原因の高血圧について

 年齢や生活習慣とは全く関係がなく、減塩や食事制限、運動療法、薬物療法などどんな治療法でも効果がなく、突然血圧が上昇する『謎の高血圧』と呼ばれる高血圧があるのをご存知でしょうか。 この謎の高血圧は普通の高血圧と比べ脳卒中の危険度が4倍以上高く、患者数は最大400万人と言われているとても危険な高血圧な...

≫続きを読む

 

高血圧症の合併症について

 高血圧症自体には自覚症状がほとんど無く『サイレント・キラー』と呼ばれているほど、高血圧症は静かに動脈硬化などを徐々に進行させていきます。その結果、様々な合併症を引き起こします。 その合併症の中には命に係わるものもあり、高血圧症を治療せずに放っておくと寿命が10〜20年短くなるという説もあります。こ...

≫続きを読む

 

動脈硬化による高血圧について

 医療保険、どれを選ぼうかあれこれ頭を悩ませている方も多いことでしょう。保険会社の謳い文句に、「三大疾病の保障がこれだけ手厚い」というのはよく聞きますね。 成人病の三大疾病、がん、心筋梗塞、そして脳卒中。そのうち心筋梗塞と脳卒中は血管障害から起こる病気、3つのうち2つまでが血管が原因なのです。 どち...

≫続きを読む

 

高血圧と遺伝因子について

 「高血圧にならないように、生活習慣を改善しましょう」、という謳い文句。健康食品のCMなどでも毎日のように聞かれますね。 しかし、実は高血圧は、9割がその原因がはっきりしないとされています。これを「本態性高血圧症」といいます。これに対して、原因がはっきりしている高血圧症は二次性高血圧症といいます。 ...

≫続きを読む

 

高血圧と猫背について

 何年か前に、指にテープを巻く「スパイラルテープ」ダイエットなどというものが流行ったことがありました。これはおまじないでもなんでもなく、テープを巻くことにより体を構造的に正しく使い、臓器そのものの働きをもよくする、ということのようですね。「骨盤ダイエット」も同じようなものでしょう。 高血圧の予防、改...

≫続きを読む

 

若年性高血圧と収縮期について

 高血圧の原因は、一番大きいのは加齢だといっていいでしょう。加齢によって血管も硬くなりますし、代謝が下がって肥満などにもなりやすいからです。 しかし、35歳以下でも血圧が高血圧症と診断される最高血圧140mmHg、最低血圧90mmHgを超えている場合を若年性高血圧と言います。 シニア層に多い高血圧症...

≫続きを読む

 

20代の高血圧の原因について

 国立循環器病研究センターのホームページによると、最高血圧が130mmHg以下、最低血圧が85mmHg以下が正常血圧となっています。 年齢が若いと、血管年齢も若いですし、高血圧になる因子の蓄積がないため、高血圧症になる可能性は低いはずですね。 こちらのホームページに年代別の高血圧頻度のグラフがあるの...

≫続きを読む

 

30代の高血圧の原因について

 国立循環器病研究センターのホームページに、高血圧症の発症頻度の年代別の分布を示す棒グラフが表示されていますが、項目は30代から始まっています。 つまり、そろそろ高血圧を発症し始める一般的な年齢、と思っていいようですね。実際、30代ですでに降圧剤のお世話になっている方もいらっしゃるようです。 また、...

≫続きを読む

 

40代の高血圧の原因について

 日本人の死因の第1位は「がん」ですが、第2位は「心臓病(心臓疾患)」、第3位は「脳卒中(脳血管疾患)」です。どちらも血管障害に起因しています。第1位はがんですが、高血圧による動脈硬化が引き金となる病気、という点から言うと、1位2位合わせて約3割。すると、がんと変わらない割合になるのです。 もともと...

≫続きを読む

 

50代の高血圧の原因について

 以前は「年齢に90を足した数値」が拡張時の適正血圧とされていた時がありました。これだと、50代は最高血圧が140ogでも問題ないということになりますね。 しかし近年、年齢に関係なく、最高血圧は130og以下が正常血圧、と言われるようになりました。当然50代の血圧で140ogは、高血圧ということにな...

≫続きを読む

 

60代の高血圧の原因について

 高血圧の患者は年齢が上がるほど増えていきます。60歳代では約60%、70歳代では約70%以上が高血圧だと言われています。受診率も全疾患の中で一番多いそうです。 年齢が上がってくるにつれて血管の弾力がなくなり動脈硬化が進んできます。すると心臓から血液を送り出す時の収縮期血圧(最高血圧)は上昇し、心臓...

≫続きを読む

 

 
高血圧に効果ある漢方紹介 高血圧の基準 市販の薬について 暮らしの悩み総合サイト