高血圧に良い食事について

高血圧に良い食事について

スポンサードリンク

 まず、高血圧に良い食事とは、身体にとって良い食事ということです。そして、ほとんどが偏った食生活や運動不足などといった生活習慣の乱れが原因とされている高血圧には、食事療法によって、普段の食事を変えることが高血圧治療に一番効果があるのです。

 

 食事療法では、血圧に影響を与える塩分や脂肪分を節制したり、血液を流れやすくする成分を摂取するようにします。簡単に言うと、和食を中心とした栄養のバランスが取れた食事を心掛けます。

 

 血液をサラサラにして流れやすくする成分には、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)があり、これらは主に魚に多く含まれている成分で、血栓ができるのを防いでくれます。具体的には、鰯や鯖、鮪、筋子、秋刀魚、?、鰤、太刀魚、鰆、ししゃも、鰊などに含まれていますので、今まで肉ばかり食べていた人は魚を食べるようにしましょう。

 

 また、塩分を節制するのと同時に、塩分を体外に排出する作用を持つ成分である、アルギン酸やカリウムを摂取することも大切です。特にアルギン酸は、高血圧の改善に効果が高いとされており、昆布やワカメ、もずく、ひじきなどといった海藻類に多く含まれています。

 

 この他にも、血管を掃除してくれる成分である大豆レシチンを含む、納豆や豆腐などの大豆製品や血圧だけでなく血中コレステロールも下げてくれるタウリンという成分を含む、牡蠣やタコ、イカ、鰹、しじみ、あさり、鱈、帆立、海老などの魚介類も積極的に食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

高血圧に良い食事について記事一覧

腹8分目の食事量 | 高血圧の食事法

 食べ過ぎも高血圧にはよくないと言われています。 食べ過ぎは、意外に自分自身で気付いていない事もあります。基準としては、朝起きたとき、全く空腹感がないようなら食べ過ぎと判断されるでしょう。 特に、寝る前1時間前食事するのなら、少量にしましょう。 メタボ対策のためにも、良いでしょう。 自分自身の体を健...

≫続きを読む

 

 
高血圧に効果ある漢方紹介 高血圧の基準 市販の薬について 暮らしの悩み総合サイト