肺動脈高血圧症について

肺動脈高血圧症について

スポンサードリンク

 肺血管の血圧が高い病気のことを、肺高血圧症(PH)といいます。これは、肺の血管に収縮や肥厚が生じ、血流が悪くなることで起こります。

 

 この収縮や肥厚の抵抗に対して、心臓の拍動はより激しくなり、負荷が大きくなります。すると心臓は肥大しますから、心疾患につながり、多臓器や組織への血流も悪化し、さらに別の病気も引き起こす状況になります。

 

この疾患は5種類に分けることができ、そのうちのひとつが肺動脈性肺高血圧症(PAH)と呼ばれるものです。
肺動脈性肺高血圧症(PAH)では、肺動脈と、枝分かれした毛細血管が収縮および肥厚しています。そのため、肺への血液の流れが悪く、少なくなります。

 

 血液は肺で酸素を取り込みますから、全身に流れる血液も酸素不足になります。すると全身の機能は落ちますから、疲れやすくなります。

 

 PAHを発症している患者さんの症状としては、息切 れや浅い呼吸、疲労が激しくなる、立っているときや階段を上るときにめまいがする、気を失う、足のむくみ、作業中の胸の痛みなどを訴えるようになります。

 

 PAHは、最初の症状が、心臓や肺の他の病気と似ています。そのため、PAHと診断されるのに時間がかかることがあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

肺動脈高血圧症について記事一覧

肺動脈高血圧症の原因について

 肺の血管が縮んだり厚くなったりして起る肺高血圧のひとつ、肺動脈高血圧症(PAH)。 健常な人ではその肺動脈において、血管への弛緩と収縮の作用が、それをもたらす物質のバランスによって保たれています。PAHでは、エンドセリン-1(ET-1)(血管収縮物質)が過多に生産されることにより、肺動脈が必要以上...

≫続きを読む

 

肥満と肺高血圧の関係について

 心臓は右心室から肺に血液を送り出していますが、その血管を肺動脈と言います。この肺動脈の先の小動脈の内側が狭くなり、血液の流れが悪くなる肺動脈の血圧が上がります。この病気が肺高血圧症です。 肺動脈に血液を送る右心室は、高い圧力には耐えられません。そのため、肺動脈の圧力が高いままだと、その機能は低下し...

≫続きを読む

 

 
高血圧に効果ある漢方紹介 高血圧の基準 市販の薬について 暮らしの悩み総合サイト