白衣高血圧について

白衣高血圧について

スポンサードリンク

 白衣高血圧とは非医療機関(家庭など)での血圧は正常値なのに、病院での診察や検診で医師や看護師など白衣を着ている人に測ってもらうと血圧が上昇してしまう高血圧のことを言います。つまり、本当は高血圧ではないのに高血圧だと診断されてしまう病気です。

 

 軽度の高血圧症患者の約20〜30%がこの白衣高血圧だと診断されており、白衣高血圧と診断された人は『病院での診察時に緊張する』と感じているそうです。病院で医師や看護師を見ると緊張や動悸、汗が出るという人は白衣高血圧を疑った方がいいかもしれません。

 

 白衣高血圧かどうか判断するには、家庭などの非医療機関で決まった時間に血圧を測り、書き留めておく必要があります。家庭で測る場合は、なるべく朝(朝食前・トイレを済ませた後)と夜の1日2回、自分がリラックスできる環境で血圧を測定するようにし、その時の血圧の数値の目安は収縮期血圧が135mmHg、拡張期血圧が80mmHgとします。

 

 白衣高血圧は一時的な高血圧ですが、放っておくと持続性高血圧に進行していく可能性があります。また、以前は白衣高血圧であっても心配する必要はないと考えられていましたが、調査の結果、心臓血管系や腎臓・脳疾患などの危険性があることがわかってきました。

 

 白衣高血圧と診断された人は、他人と話している時など日常生活において緊張すると感じた場面でも高血圧状態になっていることがあるので、白衣高血圧でない人と比較すると寿命が短い傾向にあるそうです。

高血圧についての情報サイト

スポンサードリンク

スポンサードリンク

白衣高血圧について記事一覧

白衣高血圧の原因について

 本当は高血圧ではなく血圧は正常値であるのに、病院で測ると血圧が上昇し高血圧と診断され『白衣高血圧』という病名まで付けられてしまう。これはとても厄介なことです。 では、なぜ白衣高血圧と診断されてしまうのでしょうか。その原因は、その人の病院に対するイメージにより精神的に受けるマイナスな影響が血圧を上昇...

≫続きを読む

 

白衣高血圧の治療について

 白衣高血圧は一時的な緊張などの精神的影響による血圧の上昇(高血圧)であるため、一般的な高血圧と治療法が異なります。 一般的な高血圧の治療では、薬物療法と言って血圧を下げる作用を持つ降圧薬を投与しますが、白衣高血圧などの緊張性高血圧の場合は降圧治療の適応外とされているため、降圧薬を処方してもらうこと...

≫続きを読む

 

白衣高血圧の対策について

 白衣高血圧の対策としては、原因となる精神的な圧力(緊張やストレスなど)がかからないように、また激しく疲労した状態にならないように気を付けることが大切です。 日常の生活の中での他人と顔を合わせて話をしたり、電話をしたりなど、何気ないことに強い緊張やストレスを感じ、血圧を上昇させていることがあります。...

≫続きを読む

 

 
高血圧に効果ある漢方紹介 高血圧の基準 市販の薬について 暮らしの悩み総合サイト