本態性高血圧について

スポンサードリンク

本能性高血圧の治療について

スポンサードリンク

"生活習慣病(成人病)のひとつ高血圧症は、本態性高血圧と二次性高血圧に分けられます。
検査をしても原因がはっきりわからないものを本態性高血圧といわれ、高血圧患者の大部分を占める

 

と言われています。
本態性高血圧は、環境因子や遺伝的因子、加齢が関連して発症すると考えられています。
肉親からの遺伝因子だけでなく塩分の過剰摂取、ストレス、喫煙、肥満などの長年の生活習慣が積み

 

重なって発症すると考えられています。
 本態性高血圧は特有の症状がないので自覚症状があまりありません。ほとんどの人は無症状で定期健診などの際に見つかることが多いようです。

 

 高血圧症の人は、正常値の人に比べて脳卒中や心筋梗塞などの心血管疾患の発症をしやすく、死亡率も高くなります。

 

 血圧が最高血圧で20mmhgまたは10mmhg上昇するにしたがって、心血管疾患の発症率が高くなっていきます。ただ治療によりに血圧を下げることができれば、脳卒中や心筋梗塞の発症を減らすことができます。

 

 最高血圧140mmhg/90mmhg未満が正常値となっています。医師は血圧の数値や病歴の有無などから、生活習慣の改善で経過観察する場合から投薬治療を併用する薬物療法まで対応していきます。

 

 生活習慣の改善が血圧を下げる効果があると、多くの研究で発表されています。塩分摂取を減らす、減量に努める、加えて有酸素運動が有効です。運動療法は、医師との相談のうえ行ってください。

 

 定期健診や家庭での血圧測定により血圧の上昇に気づいたら、まず循環器内科を受診し医師の診断を受けましょう。

スポンサードリンク

本能性高血圧の治療について関連ページ

遺伝について
本態性高血圧は、『原因が特定できなかった高血圧症』のことを言いますが、原因の1つとして遺伝による要因が関係していると言われています。親が高血圧症である場合、その子供も高血圧症を発症する可能性があるということになります。
原因について
本態性高血圧は原因がはっきりと特定できない高血圧症のことですが、近年では『遺伝因子』と『環境因子』が絡み合うことが原因であるということがわかってきました。
症状について
本態性高血圧は特有の症状がなく、自覚症状はあまりありません。このサイトでは、本能性高血圧の症状や原因について記載しています。

 
高血圧に効果ある漢方紹介 高血圧の基準 市販の薬について 暮らしの悩み総合サイト