拡張期高血圧の原因について

拡張期高血圧の原因について

スポンサードリンク

 最低血圧、いわゆる「下」の血圧が高いのが、拡張期高血圧です。拡張期期高血圧は、だいたい85mmHg以上をの事を呼んでいます。

 

 拡張期というのは、心臓が血液を送り出していない、つまり心臓に負荷がかかっていない、膨らんでいる状態です。血液を動脈に送る準備をしている段階です。

 

 まだ血液を押し出していないのに、血管の内壁が強い圧力を受けている、これは異常な状態なのですね。

 

 これは、太い血管はまだ弾力があって柔らかいのに、末梢の細い血管の抵抗が増している状況に起こります。そして、肥満や運動不足、大量の飲酒、喫煙者など、60歳までの比較的若年層に見られることが多いのです。

 

 収縮期血圧は加齢と共に高くなるものなのですが、拡張期血圧は年齢ではあまり変わることはありません。従って、拡張期高血圧は若い人に多く見受けられるということになります。

 

 血管が広がっているのに、圧力が高い、これは、血管が狭く、硬くなっている動脈硬化のが大きな理由だと考えられます。まさにその原因は、肥満や運動不足や飲酒、喫煙などの生活の悪習慣でしょう。

 

 有効な改善策は、生活習慣を見直すこと思われます。肥満を軽減し、運動することが大事です。比較的若いのに拡張期の血圧が高い方、食生活などを考え直してみてはいかがでしょうか。

 

 家庭での血圧測定は、外来診療などよりも一般に低い数値を表す傾向にあるため、収縮期血圧が125未満かつ拡張時血圧が80未満を正常血圧としています。高血圧の基準は収縮期血圧が135以上又は拡張期血圧が85以上となっており、拡張期血圧が高い場合は拡張期高血圧と呼んでいます。

 

 拡張期高血圧の原因については、末梢の血管抵抗が増加している一方で大血管の弾力性がまだ保たれている状態の時に起こります。肥満、運動不足、大酒飲み、喫煙などの60歳までの人に多く見受けられることがあります。この場合の対処法としては、生活習慣の改善が最も大切で、肥満の解消と運動療法が有効とされています。若年者の二次性高血圧症でも拡張期高血圧が目立つ場合もありますので、この際にはけん引疾患を調べてもらう必要があります。

スポンサードリンク

拡張期高血圧の原因について関連ページ

拡張期高血圧の治療
拡張期高血圧が見られるのは、比較的年齢が若い層ですが、その肥満と運動不足と言われています。 拡張期高血圧の治療はこれらの解消ということかも知れません。このサイトは、拡張期高血圧の治療について記載しています。
問題点について
拡張期高血圧が多いのは若年層とも言われています。このサイトでは拡張期高血圧の原因や問題点などについても掲載しています。
上昇の原因について
拡張期高血圧の上昇の原因はいったいなぜなのでしょうか。このサイトでは、拡張期高血圧の上昇の原因について記載しています。

 
自宅で対策出来る教材 高血圧に効果ある漢方紹介 高血圧の基準 市販の薬について 予防方法について