高血圧の基準について

高血圧の基準について

スポンサードリンク

 現在、日本の高血圧の基準は世界保健機関(WHO)と国際高血圧学会(ISH)によって改訂されたものを使用しています。

 

 新たに定められた基準は、至適血圧が収縮期血圧120mmHg未満かつ拡張期血圧80mmHg未満、正常血圧が収縮期血圧130mmHg未満かつ拡張期血圧85mmHg未満、正常高値血圧が収縮期血圧130〜139mmHgまたは拡張期血圧85〜89mmHgとなっており、ここまでが正常値とされています。

 

 正常血圧はこの数値を超えなければ良いとされており、高血圧治療の目標数値となっています。正常高値血圧は高齢者の血圧の目安とされています。

 

 ここからは高血圧と診断される数値です。高血圧が収縮期血圧140mmHg以上または収縮期血圧90mmHg以上、T度(軽症)高血圧が収縮期血圧140〜159mmHgまたは拡張期血圧90〜99mmHg、U度(中等症)高血圧が収縮期血圧160〜179mmHgまたは拡張期血圧100〜109mmHg、V度(重症)高血圧が収縮期血圧180mmHg以上または拡張期血圧110mmHg以上、(孤立性)収縮期高血圧が収縮期血圧140mmHg以上かつ拡張期血圧90mmHg未満となっています。

 

 高血圧の基準が複数あるのは、合併症のリスクの有無や高血圧による臓器障害や心血管合併症の有無などによって、薬物による治療を開始する時期などが異なるためです。

 

 降圧目標値は年齢によって異なり、治療開始値は収縮期血圧160mmHgまたは拡張期血圧90mmHg(70歳以上だと収縮期血圧は年齢+100mmHg)です。V度(重症)高血圧の場合だと、臨床状態によって直ちに治療を開始することになります。

高血圧についての情報サイト

スポンサードリンク

スポンサードリンク

高血圧の基準について記事一覧

高血圧のタイプについて

 高血圧は二次性高血圧と本態性高血圧の2つに大きく分類されています。 二次性高血圧の場合は、ホルモンの異常や腎臓の病気、薬の副作用、血管に関する疾患などの他の病気によって血圧が上昇しているので、これらの血圧が上昇する原因を治療することにより高血圧を治すことができます。 一方、本態性高血圧の場合、はっ...

≫続きを読む

 

高血圧の問題点について

 高血圧の一番の問題点は、自覚症状がほとんどないということです。自覚症状としては、肩こりや頭痛、めまい、耳鳴りなどがありますが、疲労している際に一時的に出るものなので、多くの場合高血圧を疑って病院で診察を望むことはないのではないでしょうか。 しかし、自覚症状はなくても身体の中で高血圧は静かに進行して...

≫続きを読む

 

白衣高血圧は医療保険に入れるの?

 まず、白衣高血圧とは病院で医師や看護師が血圧を測定すると、本来の数値よりも高く出てしまう現象のことを言います。では、この白衣高血圧と診断された場合、医療保険に入ることは可能なのでしょうか。 最近の医療保険は、昔に比べて加入しやすくなっていると言われています。保険会社にもよりますが、一般的な高血圧で...

≫続きを読む

 

高血圧の仕組みについて

 高血圧とは、どういった仕組みで体に症状として現れるのでしょうか。 血液を運ぶ動脈が、流れが悪くなる(汚れが付着する)と、心臓は圧力を高める事によって、末端の血管まで血液を流そうとする働きをします。 それが、高血圧をつくる過程なのです。つまり高血圧とは、血圧が高すぎる状態をいいます。 高血圧を放置し...

≫続きを読む

 

 
高血圧に効果ある漢方紹介 高血圧の基準 市販の薬について 暮らしの悩み総合サイト