高血圧の仕組みについて

高血圧の仕組みについて

スポンサードリンク

 高血圧とは、どういった仕組みで体に症状として現れるのでしょうか。

 

 血液を運ぶ動脈が、流れが悪くなる(汚れが付着する)と、心臓は圧力を高める事によって、末端の血管まで血液を流そうとする働きをします。

 

 それが、高血圧をつくる過程なのです。つまり高血圧とは、血圧が高すぎる状態をいいます。

 

 高血圧を放置しておくと、糖尿病などの合併症などを引き起こすこともあるようです。

 

 というのも、高血圧と糖尿病の危険遺伝子が同じだからだそうです。

 

 高血圧を予防する事によって、心筋梗塞や脳卒中などになりにくい健康状態を保ちましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

高血圧の仕組みについて関連ページ

タイプについて
高血圧は二次性高血圧と本態性高血圧の2つのタイプに大きく分類されています。このサイトでは高血圧の原因や高血圧の症状、タイプなどを記載しています。
問題点について
高血圧の一番の問題点は、自覚症状がほとんどないということです。高血圧の色々な問題点を知り、早めの対策を知っておきましょう。
医療保険の加入について
白衣高血圧とは病院で医師や看護師が血圧を測定すると、本来の数値よりも高く出てしまう現象のことを言います。では、この白衣高血圧と診断された場合、医療保険に入ることは可能なのでしょうか。

 
高血圧に効果ある漢方紹介 高血圧の基準 市販の薬について 暮らしの悩み総合サイト