高血圧に良い市販でも手に入る薬について

高血圧に良い市販でも手に入る薬について

スポンサードリンク

 血圧を下げる薬は市販でも手に入れることができますが、あまりおすすめできません。病院で自分に合った薬を医師に処方してもらった方が、確実に高血圧に効果があるからです。

 

 しかし、病院に通うことが難しく、手軽に高血圧による症状を緩和するという目的で市販の薬を使用する場合には有効的です。

 

 ただし、何らかの持病を持っている人は自己判断で服用せず、必ず医師に相談してください。また、薬を飲んで副作用が出たり、違和感を感じた場合は直ちに服用を中止してください。

 

 ここで市販の高血圧に良いとされる薬の人気ランキングをご紹介いたします。

 

 1位はノルバスク5mg。血管を広げて血流を良くすることで血圧を下げると共に心臓の収縮を抑え、心臓を休ませる働きがあるという薬で、安全性が高く効き目が良いと言われているカルシウム拮抗剤になります。

 

 2位はディオバン80mg。血圧を上げる『アンデオテンシンU』という体内物質を抑える作用を持っており、それによって身体の血管が広がり、水分や電解質が調整され血圧が下がるという仕組みです。心臓や腎臓の負担を軽くする効果も期待できる薬となっています。

 

 3位はディオバンジェネリック80mg。これもディオバン80mgと同様に、血圧を上げる『アンデオテンシンU』という体内物質を抑制し、これによって身体の血管が広がり、水分や電解質が調整され血圧が下がるという作用があります。

 

 市販の薬の金額は大体2,000円〜5,000円となっており、手軽に購入できますが、飲み続けるとなると金額的負担がとても大きいと言えるでしょう。

高血圧についての情報サイト

スポンサードリンク

スポンサードリンク

高血圧に良い市販でも手に入る薬について記事一覧

高血圧の薬の副作用について

 副作用とは治療に必要な作用(主作用)以外の好ましくない作用のことで、どんな薬にも必ず副作用があります。特にアレルギー体質の人や肝臓・腎臓に病気がある人、高齢者、何種類もの薬を併用している人は副作用を起こしやすいので注意しなければいけません。 副作用の種類には『予想外の作用が現れる場合』と『薬が予想...

≫続きを読む

 

高血圧に良い漢方薬について

 漢方は体質を変えて体内環境を整えることを目的としています。高血圧に良い漢方薬を飲むことで頭痛やめまい、肩こり、冷え、頭痛、イライラ、のぼせ、不眠、肩こり、耳鳴り、手足のしびれ、動悸などの高血圧に伴う不快症状を緩和させ、血圧が少しずつ下がっていくという効果が現れてきます。 しかし、漢方の血圧を下げる...

≫続きを読む

 

利尿薬の効果について | 高血圧の薬

 高血圧の患者さんに病院が処方する降圧剤の種類の中に、利尿薬というものがあります。この利尿薬は、降圧剤の中で最も副作用が懸念されており、服用する際には注意が必要です。 利尿薬は、血液中に含まれている塩分(ナトリウム)を尿と一緒に排出することで、血液量を減らして血管の抵抗性を落とし、血圧を下げることを...

≫続きを読む

 

 
高血圧に効果ある漢方紹介 高血圧の基準 市販の薬について 暮らしの悩み総合サイト