高血圧の薬の副作用について

スポンサードリンク

高血圧の薬の副作用について

スポンサードリンク

 副作用とは治療に必要な作用(主作用)以外の好ましくない作用のことで、どんな薬にも必ず副作用があります。特にアレルギー体質の人や肝臓・腎臓に病気がある人、高齢者、何種類もの薬を併用している人は副作用を起こしやすいので注意しなければいけません。

 

 副作用の種類には『予想外の作用が現れる場合』と『薬が予想以上に強く作用してしまう場合』の2種類があります。

 

 高血圧の治療に使われる血圧を下げる薬(降圧薬や利尿薬)の副作用には、動悸や顔面紅潮、頭痛、めまい、空咳、発疹、そう痒、光線過敏症、女性化乳房、頻脈、頭重感、倦怠感、脱力感、眠気、不眠、火照り、味覚障害、食欲不振、吐き気、皮膚や白目が黄色くなる(肝機能障害や黄疸)、足のむくみ、歯肉の腫れなどがあります。

 

 また、降圧薬を服用している時の注意点として、市販薬などの他の薬を服用する際は医師に相談する、血圧の低下によってめまいやふらつきが現れることもあるので高所での作業や車の運転、危険を伴う機械の作業は行わないようにする、薬を飲むときにグレープフルーツジュースを一緒に飲んだり、グレープフルーツを食べたりすると薬の作用が強くなったり副作用が出やすくなるので一緒に摂取しない、血圧の下がり過ぎに気を付けるなどがあります。

 

 降圧薬や利尿薬は血圧を下げるのにとても有効な治療法ですが、上記にあるように副作用や注意すべきことが多いため、なるべく降圧剤に頼らず食生活などの生活習慣を見直し、改善することが大切です。

高血圧についての情報サイト

スポンサードリンク

高血圧の薬の副作用について関連ページ

漢方薬について
漢方は体質を変えて体内環境を整えることを目的としています。高血圧に良い漢方薬を飲むことで頭痛やめまい、肩こり、冷え、頭痛、イライラ、のぼせ、不眠、肩こり、耳鳴り、手足のしびれ、動悸などの高血圧に伴う不快症状を緩和させ、血圧が少しずつ下がっていくという効果が現れてきます。
利尿薬の効果について
高血圧の患者さんに病院が処方する降圧剤の種類の中に、利尿薬というものがあります。このサイトでは、利尿薬の効果について記載しています。

 
高血圧に効果ある漢方紹介 高血圧の基準 市販の薬について 暮らしの悩み総合サイト