高血圧に良い漢方薬について

スポンサードリンク

高血圧に良い漢方薬について

スポンサードリンク

 漢方は体質を変えて体内環境を整えることを目的としています。高血圧に良い漢方薬を飲むことで頭痛やめまい、肩こり、冷え、頭痛、イライラ、のぼせ、不眠、肩こり、耳鳴り、手足のしびれ、動悸などの高血圧に伴う不快症状を緩和させ、血圧が少しずつ下がっていくという効果が現れてきます。

 

 しかし、漢方の血圧を下げる作用は病院で処方される降圧薬に比べ遥かに弱く、病院の降圧薬と漢方を併せて服用することがほとんどだと言われています。その場合は、必ず医師に相談しなければなりません。

 

 漢方は、血液の質を改善しサラサラと流れやすくしたり、詰まりかけた血管の動脈硬化の状態を改善したり、肥満の改善に効果をもたらします。高血圧の原因に直接効果を発揮することで血圧を下げるという作用を持っています。

 

 ここではタイプ別に良く使用される漢方薬をご紹介いたします。

 

 実証タイプ(比較的体力があり胃腸も丈夫な人)の人には、三黄瀉心湯や大柴胡湯、防風通聖散などが良く使用されます。

 

 中間証タイプ(体力的に普通程度の人)の人には、柴胡加竜骨牡蛎湯や釣藤散、桂枝茯苓丸、黄連解毒湯などが代表的です。

 

 虚証タイプ(体力的に比較的虚弱な人)の人には、八味地黄丸や七物降下湯などを使います。

 

 これらの他にも高血圧に良い漢方薬は種類がたくさんあるので、自分のタイプがわからない場合は必ず漢方専門医や漢方薬剤師に相談してください。

 

 漢方によって血圧が下がっても、それから一定期間服用を続けるのが一般的です。その頃には体質が改善されているので、漢方の服用を中断しても高血圧になりにくい身体となっているでしょう。

高血圧についての情報サイト

スポンサードリンク

高血圧に良い漢方薬について関連ページ

副作用について
副作用とは治療に必要な作用(主作用)以外の好ましくない作用のことで、どんな薬にも必ず副作用があります。特にアレルギー体質の人や肝臓・腎臓に病気がある人、高齢者、何種類もの薬を併用している人は副作用を起こしやすいので注意しなければいけません。
利尿薬の効果について
高血圧の患者さんに病院が処方する降圧剤の種類の中に、利尿薬というものがあります。このサイトでは、利尿薬の効果について記載しています。

 
高血圧に効果ある漢方紹介 高血圧の基準 市販の薬について 暮らしの悩み総合サイト