妊娠高血圧症について

妊娠高血圧症について

スポンサードリンク

 妊娠高血圧症は以前、『妊娠中毒症』と呼ばれていましたが、現在では『妊娠高血圧症候群』と呼び名が変わりました。

 

 妊娠高血圧症は妊娠8ヵ月(20週)以降の後期に高血圧が現れ、産後12週までに血圧が正常値に戻るというものです。この病気は、妊婦さんの約1割、約20人に1人の割合で発症します。

 

 原因ははっきりとわかっておらず、妊娠中期などに発症した場合には悪化する可能性が高く、重症化すると母子共にとても危険な状態になってしまいます。

 

 妊娠高血圧症の定義は、妊娠中の血圧が収縮期血圧140mmHg以上、拡張期血圧90mmHg以上であり、尿蛋白が30mg/dl以上(+)であるとされています。

 

 この病気になりやすい人には、糖尿病や高血圧、腎臓病などの持病を持っている人または一度でもかかったことのある人、また家族の中でこれらの病気を持っている場合も同様です。

 

 他にも、太り過ぎまたは痩せ過ぎの人、ハードな仕事やストレス、睡眠不足がある人、15歳以下の若年出産または35歳以上の高年初産の人、多事妊娠の人、初産婦の人、過去に妊娠中毒症を患った人は妊娠高血圧症になりやすいと言われています。

 

 妊娠高血圧症は妊娠中の一時的な高血圧症ですが、後遺症として高血圧や尿蛋白が続いたり、突然症状が出て悪化したり、帝王切開になる危険性があります。

 

 そして残念ながら、この病気は事前に予防することができず、治療法としては安静と入院による治療となるべく早期に出産することが望ましいとされています。

高血圧についての情報サイト

スポンサードリンク

スポンサードリンク

妊娠高血圧症について記事一覧

妊娠高血圧症候群の合併症について

 妊娠高血圧症候群では、血管内皮細胞の障害によって血管攣縮と血管透過性亢進が全身で起こります。これにより、様々な合併症が引き起こされてしまいます。 まず、子宮や胎盤の血管への影響について、子宮内胎児発育不全や胎盤機能不全、胎児機能不全を引き起こし、『子宮が小さい』『羊水過少』『胎動減少』などの症状が...

≫続きを読む

 

妊娠高血圧症候群の食事について

 妊娠高血圧症候群を予防・治療するには、まず食事を見直すことが大切です。気を付け過ぎてストレスを感じるのは良くありませんが、妊娠している間だけのことなので母体と胎児(赤ちゃん)の健康を考えて食事をしましょう。 まず、食事を見直すというのは塩分や動物性タンパク質を控える、カロリーを抑える、『必要以上に...

≫続きを読む

 

妊娠高血圧症候群の症状について

 妊娠高血圧症候群の症状は『むくみ』、『高血圧』、『タンパク尿』の3つです。 3つの症状の中で、自分で確認できるのが『むくみ』です。足のすねを押すとへこむ、靴や指輪がきつくなる、手指が強張る、痺れるといった自覚症状があります。さらに重症化すると頭痛やめまい、耳鳴り、尿の量や回数が減る、目の前の閃光感...

≫続きを読む

 

妊娠高血圧症候群の原因について

 妊娠高血圧症候群の原因については様々な説がありますが、はっきとしたものは分かっておりません。病態についての研究によると、血管の攣縮や血管内皮障害などの末梢血管の機能障害が関係しているとされています。 妊娠高血圧症候群の患者のほとんどは妊娠が終わると治癒するということから、妊娠という負担に対し、妊婦...

≫続きを読む

 

妊娠高血圧の治療について

 妊娠高血圧の治療についてですが、治療方法には『食事療法』、『安静』、『薬物療法』、『妊娠の終了』の4つがあります。これらの中で、妊娠高血圧の根本的な治療は『妊娠の終了』です。 軽症の場合は、ほとんどが自然の陣痛による分娩によって出産しますが、重症になってしまうと、分娩の時期を母体の状態と胎児の成熟...

≫続きを読む

 

妊娠の仮面高血圧の対策方法について

 待望の赤ちゃんが出来、出産が待ち遠しいママ。「お産は病気ではない」半面、「お産は女の一大事」でもあります。無事に出産を迎えるため、気をつけるべきこと、たくさんありますね。 妊娠中はホルモンバランスが変化するため、肥満になりやすく、これは血圧が上がる原因です。 妊娠前にはなかったのに、妊娠中期よりあ...

≫続きを読む

 

 
高血圧に効果ある漢方紹介 高血圧の基準 市販の薬について 暮らしの悩み総合サイト