しびれと高血圧の関係について

スポンサードリンク

しびれと高血圧の関係について

スポンサードリンク

 高血圧のサインには、さまざまなものがあり、「しびれ」もその一つです。高血圧を放置しておくと動脈硬化になり、脳梗塞や脳溢血と言った脳血管障害がおこりやすくなります。

 

 脳梗塞は脳内の血管が詰まって血流が滞り、そこで脳細胞が壊死してしまいますが、これによってしびれが起こることがあります。

 

 これらのしびれは、ぴりぴりしたものではありません。何か一枚布のようなものがはりついているような感覚のものです。脳梗塞によるしびれは、病変の起こった場所によってしびれの場所も違ってきます。体の片側だけに現れることが多いのですが、両側の手足に同時にしびれが出ることもあります。「両側だから脳梗塞ではない」などと簡単に判断しないようにしましょう。

 

 また、手の神経と口の神経を司る場所は近くにあります。そのため、脳血管障害によるしびれは、手と口に同時に出ることがあるようです。

 

 また、足に冷えを伴うしびれが起こり、歩行とともにしびれも痛みも増してきて、歩行困難になることがあります。休養によって回復しますが。再度歩行が悪くなることを繰り返すことがあります。これは閉塞性動脈硬化症の症状です。

 

 やはり高血圧、糖尿病、高脂質症などによって動脈硬化が起こり、それによって発生する血流障害が原因です。

 

 また、脳出血になると片側だけのしびれだけでなく、頭痛や吐き気、意識がもうろうとなる、という症状を併発する場合が多いです。このとき、 特徴として両目とも片側半分だけが見えなくなる視野障害を起こすことがありますが、これを「半盲」といいます。

 

 脳内出血は脳の動脈瘤破裂などで発症しますが、動脈硬化・高血圧から脳出血を起こすケースが多いのです。

 

 もし、ほかにしびれなどの原因が考えられない場合、高血圧を疑ったほうがいいでしょう。大事に至る前に適切な処置をすれば、脳血管障害を防げる可能性は高いのです。

スポンサードリンク

しびれと高血圧の関係について関連ページ

高血圧と肩こり
高血圧の自覚症状の1つに肩こりがあります。このサイトでは高血圧と肩こりの症状について解説しています。
高血圧と嘔吐の症状
高血圧によって血圧が高い状態が続くと、身体おきる症状の中に吐き気や嘔吐があります。高血圧である人にこの吐き気や嘔吐の症状が出た場合は、脳の血管に障害が生じている可能性があります。
高血圧と耳鳴り
高血圧の原因として、耳鳴りとの関係は有るのでしょうか。このサイトでは高血圧と耳鳴りについて解説しています。
高血圧と動悸
高血圧と動悸にはどのような関係性があるのでしょうか。このサイトでは、高血圧と動悸について解説しています。
高血圧と頭痛
高血圧が原因の頭痛は前頭部や後頭部に痛みがあります。なぜ頭痛の症状が出るのかは未だにわかっていませんが、今のところ血圧が上昇することによって脳内の血管が急激に広がり、神経が刺激され痛みが発生すると考えられています。
更年期の高血圧
更年期の高血圧はどのような症状なのでしょうか。ここでは高血圧の原因の1つでもある、更年期の高血圧について説明しています。
高血圧と吐き気
高血圧と吐き気にはどんな関係があるのでしょうか。このサイトでは高血圧と吐き気のについて解決しています。
高血圧と脳梗塞
脳卒中の危険因子はさまざまありますが、一番の危険因子は「高血圧」です。このサイトでは、高血圧と脳梗塞の関係について記載しています。

 
高血圧に効果ある漢方紹介 高血圧の基準 市販の薬について 暮らしの悩み総合サイト