収縮期高血圧の治療について

スポンサードリンク

収縮期高血圧の治療について

スポンサードリンク

 高血圧とは最高血圧(収縮期血圧)140mmHg以上、最低血圧(拡張期血圧)90mmHg以上が続いている状態をいいます。

 

 血圧は加齢とともに収縮期血圧が上昇していく、収縮期高血圧症は高齢者に多くみられます。高齢書の高血圧の治療は、脳卒中や心疾患などの合併症を防ぐために有効です。

 

 高齢者の場合、末梢血管ばかりではなく太い動脈にも硬化が起こってきます。よって収縮期血圧が上昇し拡張期血圧は降下してきます。血圧は日々変動していますが、高齢者になると変動の幅も大きくなってきます。

 

 また全身的な動脈硬化により主要な臓器への血液量も低下するため、臓器障害や合併症を伴いやすくなります。

 

 そのため急激に血圧を下げすぎると臓器の血流障害を起こす可能性があるため、徐々に血圧を下げていく必要があります。

 

 収縮期高血圧症はほかの高血圧症の治療と同じく、まず生活習慣の改善が第一です。食事療法では塩分を控えることで血圧が改善されることが多く、野菜と果物を積極的に摂取しコレステロールや脂肪の摂取を控えます。適正体重を維持しましょう。

 

 運動療法は主治医と相談の上、有酸素運動を定期的に行いましょう。

 

 投薬治療は、患者の状態や合併症の有無により医師が治療方針を決め処方します。

スポンサードリンク

収縮期高血圧の治療について関連ページ

収縮期高血圧の原因について
高齢者に多い収縮期高血圧。この高血圧の最大の原因は、動脈硬化にあるといわれています。このサイトでは収縮期高血圧の原因についても記載しています。
症状について
収縮性高血圧症は、高齢になると増えてくる高血圧症です。このサイトでは、収縮期高血圧の症状について記載しています。

 
高血圧に効果ある漢方紹介 高血圧の基準 市販の薬について 暮らしの悩み総合サイト